このエントリーをはてなブックマークに追加  

コードバンとブライドルの長財布どっちが良いのか徹底比較!

コードバンとブライドルの長財布どっちが良いのか徹底比較!

 

コードバンとブライドルの長財布どっちが良いのか?購入する前に悩まれる方も多いと思います。どちらも希少性の高い最高級の皮革ですが、それぞれどう違うのか?色んな項目で比較しながらご紹介していきます。

基本項目で比較

  コードバン ブライドルレザー
最大の

ポイント

馬の臀部からわずかしかとれない希少性の高い柔軟で強靭な皮革を使用 ロウを塗りこむ製法により耐水性が高い
メリット 滑らかで艷やかな光沢が持続 水や汗に強い
デメリット 水に弱い ロウが染み出てきて手入れが面倒
13ブランド

平均価格

40,000円 28,000円

 

財布のもつ艶やかさ、滑らかさを保ちたい方はコードバン

強靭な素材であるコードバンは、手触りの良い艶やかさ、滑らかさがいつまでも持続する優れものとして有名です。対してブライドルレザーは経年変化が見られる革なので、購入時の高級感を楽しみたい方はコードバンをおすすめします。

 

雨や汗を気にする方はブライドルレザー

希少性が高くて、強靭な素材のコードバンですが、水にはあまり強くありません。カバンの中に財布を入れる方、綺麗に扱いたい方には耐水性はあまり関係ないですが。ポケットに財布を入れる方は汗や雨がかかるので、コードバンよりロウ加工が施された丈夫なブライドルレザーがおすすめです。

革の違いで比較

  コードバン ブライドルレザー
革の特徴 馬の臀部中央から僅かしかとれないコードバン層という希少価値の高い皮革を使用 牛革の中でも最も硬いショルダー(肩)部分を使用
使い始め〜3ヵ月 艶やかで高級感漂う見た目、滑らかな手触り 使い始めはレザーからロウ=「ブルーム」が出てくるので、乾拭きしましょう。
1年後の

使用感

革も手になじむ程よい硬さにほぐれてきます。艶やかな見た目も持続しています。 ロウの取れ具合によりますが、使い込むにつれて柔らかくなり、色合いに深みがでてきます。
革ならではの重要点 馬一頭からごく少量しかとれないコードバン層という革を使用している理由から「革のダイヤモンド」、「革の王様」と呼ばれ、その希少性は唯一無二。外部からの衝撃を受けても革自体が自ら革のキズやシワを蘇生する独特の性質があります。 牛のショルダー部分は、生きていた頃についたキズやトラ(シワ)などが残りやすい箇所なので、一つ一つ違った個性的な表情を楽しむことができます。

 

希少性の高さはコードバン

コードバンは、本体の希少性に加え、コードバン原皮をキレイになめし(薬品処理をして、耐久性・耐熱性・柔軟性を持たせること)、革へ仕上げるタンナー(皮革製造会社)が、世界でも日本とアメリカの2社しかありません。

 

また最近では中国がコードバンを買い占めるという情勢が続いているため、日本では品薄・売り切れが続いている状態です。

 

経年変化、革の個性を楽しむならブライドルレザー

元々馬具に使うために作られた革で、丈夫でしっかりしています。個性がでやすい革なので、使うにつれて自分色に染まっていく経年変化・オリジナリティを求めたい方はブライドルレザーがおすすめです。

 

上記の比較からわかったことまとめ

コードバンをおすすめの方とは?
  • 財布をカバン等に入れて綺麗に扱いたい方
  • 滑らかな肌触りを求めている方
  • つややかな光沢をいつまでも保ちたい方
  • 希少性を重視する方

 

>>当サイト1番人気のコードバン長財布はこちら

 

ブライドルレザーをおすすめの方とは?
  • 財布をポケットに入れる方
  • 財布を雨に濡らしてしまう方
  • エイジングを楽しみたい方
  • 天然皮革の独自性を求めている方

 

>>当サイト1番人気のブライドルレザー長財布はこちら