このエントリーをはてなブックマークに追加  

男性に長財布をプレゼント

大切な男性に財布をプレゼントするなら二つ折りの財布ではなく、高級な長財布を是非ともおすすめします。その理由を説明するのに最も最適な「稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか」という
税理士の亀田純一郎さんの人気著書の内容をご紹介したいと思います。

 

著者によると、500人以上のエグゼクティブの方達に行った財布に関する調査で、共通して感じたルールがあるとのこと。そのルールとは、「財布を綺麗に扱う」ということです。当たり前のように思うかもしれませんが、お金を稼ぐ人というのは、人一倍お金の大事さ、ありがたさというのを実感していますよね。

 

そこから、「大事なお金を折るという行為に違和感を感じる」「すこしでもお札の綺麗さを保ちたい」といった思いが芽生え、お札を折る必要のない長財布を使うということに至るわけです。実際、私がお会いしたお金を稼ぐ人達の中で、長財布をもつ確率というのは本当に高いです。

 

でも、人間いい物を持つと大事に扱いますが、粗末な物を持つとぞんざいに扱ってしまう生き物ですよね。ですので男性に長財布をプレゼントするなら少し奮発してワンランク上の財布をプレゼントするのが良いと思います。

 

そこでおすすめなのが、稼ぐ方がよく愛用していると有名なコードバンの長財布です。
コードバンは、別名「革のダイヤモンド」と呼ばれており、その希少性・ブランド力はお墨付きです。

 

コードバンは馬の臀部の一部からしか取れず、一頭につき財布4つ分しか作ることができません。その革がもつ繊維質の緻密さにより、高級感漂う輝き、新品の滑らかな手触りが持続し、財布を大事に扱いたい方の要望に応えた内容になっています。

 

しかしこういった代え難いメリットがある一方で、革製品全般に言えることですが、コードバンは特に水に弱いというデメリットもあります。
なんでも雨に濡れた後に拭き取らず放置したら、水滴跡が残ってしまったという方もいるとか。

 

ではそういったデメリットがあるにもかかわらず、エグゼクティブに大変人気なのはなぜでしょうか?
それはやっぱりそのデメリットを凌駕する上記した希少価値があるから。また、雨や汗に弱いというデメリットも、濡らさないようにより大事に扱うという意識を高めるという意味で、逆に人気を高める一因になっているのだと思います。

 

大切な男性には、いつもより高級な財布をもつことで、ワンランク上の男になってもらいたくないですか?

 

 

 

この記事を読んだ方必見!