このエントリーをはてなブックマークに追加  

ココマイスターと大峡製鞄コードバン長財布を徹底的に比較してみた!

ココマイスター大峡製鞄、どちらも知る人ぞ知る革財布メーカーですよね。

 

ブランド的には認知度が低いですが、「質の高い良いもの」を作ることで、じわじわ人気を集めてきているココマイスター。

 

方や、昭和10年から創業の超老舗の大峡製鞄。

 

この記事では、その人気メーカー2社の徹底比較を行いました!

 

当ブログではココマイスターをおすすめしているのですが、一度客観的な立場に立って比較していますので「こうい方には大峡製鞄の方がおすすめ」、「こういう趣向をお持ちの方はココマイスターがおすすめ」ということも書いています。

 

是非とも参考にして頂ければとお思います。

 

ココマイスターと大峡製鞄のメーカー比較

 

ココマイスター

大峡製鞄

写真

株式会社名 株式会社ルアンジュ 有限会社 大峡製鞄株式会社
コードバンの価格帯 43,000円〜120,000円 44,280円〜73,440円
送料 無料 無料
お届け ご入金確認後2営業日 不明
イメージ相違による返品 可能※送料込みの全額返金 不可
サイトのユーザビリティ わかりやすくて使いやすい 少し使いづらい
男女別購入比率 メンズ7割、レディース3割 メンズ8割、レディース2割
独自技術 ロウ加工 無駄を省いたシンプルデザイン
技術レベル
在庫状況 人気のためかなり品薄 少なめ

 

メーカー比較でわかった似ている点
在庫状況が少ない

どちらも人気メーカーだけあって、売れ切れが多い印象です。

 

その理由はただたくさん売れているからということだけではありません。

 

革財布で一つ一つハンドメイドで仕上げているメーカーというのはどうしても生産スピードが遅くなってしまいます。

 

その代わり出来上がったものは、10年、20年以上使っても耐えうる耐久性をもちます。

 

技術レベル

革財布というのは、どうしても機械任せではできない部分があります。

 

というのも革は動物の皮を加工したもののことですがその個体によって千差万別、柔らかさ、薄さ、伸縮性、どれも違ってきます。

 

職人さんはその微妙な革の違いに合わせて縫い合わせていきます。コンマ何ミリズレてしまうと、財布の耐久度も数年変わってくるぐらい繊細で重要な作業はその道のプロの職人さんでしかなし得ません。

 

その点ココマイスターと大峡製鞄は安心出来る技術レベルにあると感じています。

 

メーカー比較でわかった違っている点
サイトのユーザビリティ

両方のサイトを拝見すればわかると思いますが、大峡製鞄の公式ページの通販は少々使いづらいという感じがしてしまいます。

 

商品の写真も1〜2枚しか掲載されていないので、革財布という高額商品を購入するのには、情報量が少ないのでどうしても買うのに躊躇してしまいます。

 

その点ココマイスターはサイトも見やすく作られていて、初心者にもわかりやく解説している「革講座」というのもあります。

 

商品写真も色々な角度から掲載しているので非常にユーザーフレンドリーな好印象を受けます。、

 

イメージ相違による返品

上でも挙げたユーザーフレンドリーという点ですが、「イメージ違いの返品」が可能かということにも言えると思います。

 

実際のモノが見えないネット通販では「商品ちゃんと届くかな?」とか「写真とイメージが違ったらどうしよう」などと不安が付き纏うのが普通ですよね。

 

その点、ココマイスターで無料会員登録すると、送料も込みで全額返金することが可能なので安心して購入することができます。

 

【ココマイスターVS大峡製鞄】コードバン長財布を徹底比較

  【ココマイスター】コードバン長財布 【大峡製鞄】コードバン長財布
写真

ラウンドファスナー 54,000円〜120,000円 73,440円
小銭入れあり 45,000円〜67,000円 なし
小銭入れなし 43,000円 44,280円〜46,440円
修理保証 永久無料 有料保証
使用皮革 表側:コードバン

内側:ヌメ革

表側:コードバン

内側:不明

お札収納 30枚以上 30枚以上
カード収納 14枚 7〜14枚
重さ 115g〜177g 不明
カラー 黒鹿毛(漆黒)、鹿毛(こげ赤茶) 黒、赤、チョコ、ネイビー、グリーン、キャメル、バーガンディー
サイズ 縦:9.5cm 横:19.0cm 厚み:2.0cm 縦:9.5cm 横:19.0cm 厚み:不明
生産国 日本 日本
ロウ加工 あり なし
経年変化の度合い 大きい※表面のロウが使い込むにつれ、革になじみ深みが増していく 小さい
財布耐久度 数10年以上 数年〜数10年以上
耐水性

 

ココマイスターvs大峡製鞄の商品比較表からわかったこと
カラー戦略の違い

ココマイスターはカラーを2色に絞り、その色に「厚み」を持てせて高級感を際立たせています。

 

それに対し大峡製鞄はカラーバリエーションを増やし、たくさんある中から好きな色を選べるようになっています。

 

経年変化の度合い

従来のコードバンは、エイジングというよりかは購入時の光沢感、すべすべ感をいつまでも楽しむものと言われています。

 

大峡製鞄のコードバンはそれに該当しますが、ココマイスターは、表面に塗られたロウが手垢・使い込み具合・温度・湿度など様々な要因によって革に馴染んでいき十人十色の財布へと変化していく、「エイジング」が楽しめる革財布になっています。

 

修理保証の有無

革財布は数年から数十年と長く付き合っていくのが普通ですよね。そうすると、当然メンテナンスが必要になってきます。

 

修理代はピンキリですが、コードバンの長財布を修理に出すと、高級財布なだけあって1,000円〜10,000円くらいはかかってくるメーカーもあります。

 

その代金を考慮すると、修理が永久無料なココマイスターのコードバンの方がお得感はあります。

 

こういう方に【大峡製鞄】のコードバン長財布がおすすめ
  • 老舗ブランド!昔ながらの大峡製鞄で購入したいという方
  • 従来のコードバンを購入したい
  • ブランド重視!大峡製鞄が好きな方
  • どちらかというと経年変化より、購入当初の完成された風合い・光沢感を楽しみたいという方
  • シンプルなデザインがお好きな方

 

>>大峡製鞄のコードバン長財布詳細を見てみる⇒現在売り切れ中

 

こういう方に【ココマイスター】のコードバン長財布がおすすめ
  • 使い込むにつれ変化する経年変化を楽しみたい
  • 耐水性が高いコードバンがほしい
  • 量より質!質の良い財布を長く使っていきたい
  • 保証制度が充実している
  • 安心の革財布一番人気サイトで購入したい
  • 送料込の全額返金ができる安心の通販サイトで購入したい
  • 見た目重視!高級感漂う財布がほしい

 

 

 

ココマイスターと大峡製鞄コードバン長財布を徹底的に比較してみた!