このエントリーをはてなブックマークに追加  

メンズに人気のココマイスターと土屋鞄 | コードバン長財布を徹底比較!

ココマイスター土屋鞄ってどっちがおすすめなの?」とか「ココマイスターのどの点が優れているの?」「土屋鞄のメリットは?」など両者の評価って気になるところですよね。

 

土屋鞄といえば「ランドセル」で有名です。もしかしたら知らずうちに小学生の頃お世話になっていたという方もいらっしゃると思います。

 

ともすれば、乱雑とも言えるぐらい荒っぽい元気な小学生の扱いにも6年間楽々耐えうるランドセルを作るその技術を財布にも活かそうと始めたのが最初らしいです。

 

方や、ココマイスターと言うとまだ聞きなれない方もいらっしゃるかと思います。

 

革メーカーとして会社の創業は浅いですが、その道40年〜50年の大ベテランの技術さんを武器に、堅実かつ着実に「質の良い財布を提供する」メーカーとして人気を上げてきているメンズ革製品ブランドです。

 

「革財布」関連のキーワードを打つとだいたい上位表示されるのがこの「ココマイスター」です。Google、Yahoo!も認めるメーカーなのかなと感じます。

 

そんな上記2社を色々な角度から比較検討することで

  • 「これこれこう言った方には土屋鞄のコードバンがおすすめ」
  • 「ココマイスターを買うならこういう人が良い」

といったことを提案できればと思っています。

 

ココマイスターと土屋鞄のメーカー比較

 

ココマイスター

土屋鞄

写真

株式会社名 株式会社ルアンジュ 株式会社 土屋鞄製造所
コードバンの価格帯 43,000円〜120,000円 44,000円〜46,000円
送料 無料 一配送につき650円(沖縄1,510円)
お届け ご入金確認後2営業日 翌営業日
イメージ相違による返品 可能※送料込みの全額返金 到着後1週間以内なら可
サイトのユーザビリティ わかりやすくて使いやすい 使いやすい
男女別購入比率 メンズ7割、レディース3割 メンズ8割、レディース2割
表面加工 ロウ加工 なし
技術レベル
在庫状況 人気のためかなり品薄 普通

 

メーカー比較でわかった似ている点
サイトの見やすさ使いやすさ

服を買いに行く時でも、できれば商店街にある昔ながらの少し汚れた雰囲気のお店より、キレイにディスプレイされている真新しさ漂うお店で買いたいと思いますよね。

 

その意味でどちらもカテゴリーで細かく種類を分類し、写真もたくさん掲載していているので、使いやすくて見やすい作りになっていて購買意欲をそそられます(笑)

 

ただ革財布を買いたい人のユーザビリティという面では、鞄がメインの土屋鞄よりか革財布メインのココマイスターが優位かなと感じます。

 

技術レベル

革財布というのは、どうしても機械任せではできない部分があります。

 

というのも革は動物の皮を加工したもののことですが、その個体によって千差万別、柔らかさ、薄さ、伸縮性、どれも違ってきます。

 

職人さんはその微妙な革の違いに合わせて縫い合わせていきます。コンマ何ミリズレてしまうと、財布の耐久度も数年変わってくるぐらい繊細で重要な作業はその道のプロの職人さんでしかなし得ません。

 

その点ココマイスターと土屋鞄は安心出来る技術レベルにあると感じています。

 

メーカー比較でわかった違っている点
お届け日

ココマイスターは2営業日と平均的な出荷日数ですが、土屋鞄は翌営業日出荷とレスポンスの速さが際立っています。高額商品であればあるほど、待ち遠しくなる気持ちは強くなりますしね。

 

イメージ相違による返品

実際のモノが見えないネット通販では「商品ちゃんと届くかな?」とか「写真とイメージが違ったらどうしよう」などと不安が付き纏うのが普通ですよね。

 

その点、ココマイスターで無料会員登録すると、送料も込みで全額返金することが可能なので安心して購入することができます。

 

男女別購入比率

ココマイスターが女性の購入者の割合が若干多いのは、プレゼントとして女性が購入している方が多いためです。

 

なんとココマイスターの売上の半数が「プレゼント」として購入している方のらしいです!無料ラッピングもオシャレで何より財布の質が良いからなんでしょうね。

 

【ココマイスターVS土屋鞄】コードバン長財布を徹底比較

  【ココマイスター】コードバン長財布 【土屋鞄】コードバン長財布
写真

ラウンドファスナー 54,000円〜120,000円 なし
小銭入れあり 45,000円〜67,000円 44,000円
小銭入れなし 43,000円 46,000円
修理保証 永久無料 有料保証
使用皮革 表側:コードバン

内側:ヌメ革

表側:コードバン

内側:ソフトヌメ革

お札収納 30枚以上 30枚以上
カード収納 14枚 10枚
重さ 115g〜177g 約140g〜180g
カラー 黒鹿毛(漆黒)、鹿毛(こげ赤茶) ブラック、ブラウン
サイズ 縦:9.5cm 横:19.0cm 厚み:2.0cm 縦:9.2cm 横:19.0cm 厚み:2.0cm
生産国 日本 日本
表面加工 ロウ加工 なし
経年変化の度合い 大きい※表面のロウが使い込むにつれ、革になじみ深みが増していく 大きい
財布耐久度 数10年以上 数年〜数10年
耐水性

 

ココマイスターvs土屋鞄の商品比較表からわかった違い
値段の違い

土屋鞄モノは良いんですが、財布に4万円は少し高いのかなという感じがします。

 

ココマイスターはロウ加工という一手間増やしているのにかかわらずこの価格帯は良心的といえます。

 

経年変化の度合い

従来のコードバンは、エイジングというよりかは購入時の光沢感、すべすべ感をいつまでも楽しむものと言われています。

 

土屋鞄のコードバンはそれに該当しますが、ココマイスターは、表面に塗られたロウが手垢・使い込み具合・温度・湿度など様々な要因によって革に馴染んでいき十人十色の「自分色の財布」へと変化していく、「エイジング」が楽しめる革財布になっています。

 

修理保証の有無

革財布は数年から数十年と長く付き合っていくのが普通ですよね。そうすると、当然メンテナンスが必要になってきます。

 

修理代はピンキリですが、コードバンの長財布を修理に出すと、高級財布なだけあって1,000円〜10,000円くらいはかかってくるメーカーもあります。

 

その代金を考慮すると、修理が永久無料なココマイスターのコードバンの方がお得感はあります。

耐水性の違い

土屋鞄でも行っている水染めコードバンというのは、非常に水分に弱い財布で有名です。

 

また、表面加工を行っていないので、皮の自然な風合いを楽しむにはいいですが、耐水性、耐久性といった面では、他のコードバンよりの気を付けないといけません。

 

ココマイスターのコードバンには皮表面にロウ加工という油分を馴染ませているので、それが膜となり水に弱いとされるコードバンに耐水性を持たせることに成功しました。

 

また、そのブルームと呼ばれる蝋が「独特な高級感」を生みます。

 

こういう方に【土屋鞄】のコードバン長財布がおすすめ
  • 老舗ブランド!昔ながらの土屋鞄で購入したいという方
  • 防傷加工なし!皮本来の風合いを楽しみたい方
  • ブランド重視!土屋鞄が好きな方
  • 鞄にいれて使用するので、防水性は関係ないという方
  • シンプルなデザインがお好きな方
  • 急ぎで購入したい(出荷日数が速い)

 

>>土屋鞄のコードバン長財布詳細を見てみる

 

こういう方に【ココマイスター】のコードバン長財布がおすすめ
  • 使い込むにつれ変化する経年変化を楽しみたい
  • 耐水性が高いコードバンがほしい
  • 量より質!質の良い財布を長く使っていきたい
  • 保証制度が充実している
  • 安心の革財布一番人気サイトで購入したい
  • 送料込の全額返金ができる安心の通販サイトで購入したい
  • 見た目重視!高級感漂う財布がほしい
  • 彼氏・旦那さんにプレゼントとして購入を考えている方

 

 

 

メンズに人気のココマイスターと土屋鞄 | コードバン長財布を徹底比較!