このエントリーをはてなブックマークに追加  

コードバン長財布!メンズに人気のココマイスターとソメスサドル徹底比較!

ココマイスターソメスサドルってどっちがおすすめなの?」とか「ココマイスターのどの点が優れているの?」「ソメスサドルのメリットは?」など両者の評価って気になるところですよね。

 

ソメスサドルは「国内唯一の馬具メーカー」として有名です。日本で馬を語るならソメスサドル抜きにしては語れないと言われるほど(笑)

 

乗馬用の鞍や馬装具はソメスサドル製が有名です。そこから転じて馬の臀部をしようしたコードバンを代表とする革財布事業を展開しています。

 

方や、ココマイスターと言うとまだ聞きなれない方もいらっしゃるかと思います。

 

革メーカーとして会社の創業は浅いですが、その道40年〜50年の大ベテランの技術さんを武器に、堅実かつ着実に「質の良い財布を提供する」メーカーとして人気を上げてきているメンズ革製品ブランドです。

 

そんな上記2社を色々な角度から比較検討することで

  • 「こう言った方にはソメスサドルのコードバンがおすすめ」
  • 「ココマイスターを買うならこういう人が良い」

といったことを提案できればと思っています。

 

ココマイスターとソメスサドルのメーカー比較

 

ココマイスター

ソメスサドル

写真

株式会社名 株式会社ルアンジュ ソメスサドル株式会社
コードバンの価格帯 43,000円〜120,000円 25,920円〜28,080円
送料 無料 無料
お届け ご入金確認後2営業日 不明
イメージ相違による返品 可能※送料込みの全額返金 なし
サイトのユーザビリティ わかりやすくて使いやすい 目的の商品に辿り着きにくい
男女別購入比率 メンズ7割、レディース3割 メンズ8割、レディース2割
表面加工 ロウ加工 なし
技術レベル
在庫状況 人気のためかなり品薄 普通

 

メーカー比較でわかった似ている点
技術レベル

ソメスサドルの馬具で極めた2本針縫いの技術が製品に光を当てています。

 

方やココマイスターもブライドルレザーではメジャーですがコードバンにロウ加工を施しているのは、私が知っているメーカーでも「ココマイスター」だけです。

 

メーカー比較でわかった違っている点
ユーザビリティ(サイトの使いやすさ)

お目当ての商品がなかなか見つからないとイライラしますよね。ソメスサドルのショッピングページは正直「あまり力を入れてないのかな?」と感じてしまいます。やっぱりソメスサドルは「馬具メーカー」であって、革財布専門のメーカーではないというのが根本の部分にあります。

 

その点ココマイスターは実店舗もありますが、ネットショップを中心として売上を伸ばしてきたメーカーというだけあって、サイトのユーザビリティのはすごく高いです!

 

カッコい写真もたくさんあり、内装まできちんと見える写真で、実際にモノが見えないユーザーの不安を解消する試みが随所に見受けられます。

イメージ相違による返品

実際のモノが見えないネット通販では「商品ちゃんと届くかな?」とか「写真とイメージが違ったらどうしよう」などと不安が付き纏うのが普通ですよね。

 

その点、ココマイスターで無料会員登録すると、送料も込みで全額返金することが可能なので安心して購入することができます。

 

男女別購入比率

ココマイスターが女性の購入者の割合が若干多いのは、プレゼントとして女性が購入している方が多いためです。

 

なんとココマイスターの売上の半数が「プレゼント」として購入している方のらしいです!無料ラッピングもオシャレで何より財布の質が良いからなんでしょうね。

 

【ココマイスターVSソメスサドル】コードバン長財布を徹底比較

  【ココマイスター】コードバン長財布 【ソメスサドル】コードバン長財布
写真

ラウンドファスナー 54,000円〜120,000円 なし
小銭入れあり 45,000円〜67,000円 なし
小銭入れなし 43,000円 25,920円〜28,080円
修理保証 永久無料 有料保証
使用皮革 表側:コードバン

内側:ヌメ革

表側:コードバン

内側:バッファローカーフ

お札収納 30枚以上 30枚以上
カード収納 14枚 12枚
重さ 115g〜177g 不明
カラー 黒鹿毛(漆黒)、鹿毛(こげ赤茶) ブラック、ダークブラウン
サイズ 縦:9.5cm 横:19.0cm 厚み:2.0cm 縦:9.0cm 横:18.7cm 厚み:不明
生産国 日本 日本
表面加工 ロウ加工 なし
経年変化の度合い 大きい※表面のロウが使い込むにつれ、革になじみ深みが増していく 小さい
財布耐久度 数10年以上 数年〜数10年
耐水性

 

ココマイスターvsソメスサドルの商品比較表からわかった違い
値段の違い

ソメスサドルモノは値段は安いので、価格を抑えたい方にはおすすめなのかなと思います。ただ、「耐久性」、「耐水性」、「高級感」といっと点では、ロウ加工を施したココマイスターには劣るのかなといった印象です。

 

ココマイスターはロウ加工という一手間増やしているのにかかわらずこの価格帯は良心的といえます。

 

経年変化の度合い

従来のコードバンは、エイジングというよりかは購入時の光沢感、すべすべ感をいつまでも楽しむものと言われています。

 

ソメスサドルのコードバンはそれに該当しますが、ココマイスターは、表面に塗られたロウが手垢・使い込み具合・温度・湿度など様々な要因によって革に馴染んでいき十人十色の「自分色の財布」へと変化していく、「エイジング」が楽しめる革財布になっています。

 

修理保証の有無

革財布は数年から数十年と長く付き合っていくのが普通ですよね。そうすると、当然メンテナンスが必要になってきます。

 

修理代はピンキリですが、コードバンの長財布を修理に出すと、高級財布なだけあって1,000円〜10,000円くらいはかかってくるメーカーもあります。

 

その代金を考慮すると、修理が永久無料なココマイスターのコードバンの方がお得感はあります。

財布の種類の違い

ソメスサドルは、コードバンでは小銭入れなしの財布しかないのが少し物足りなさを感じます。

 

ココマイスターはラウンドファスナー、小銭入れあり、なしどれでも選べるのはありがたいところですね。ただし良く頻繁に売り入れているので、欲しい場合まずはチェックが必要ですが。

 

こういう方に【ソメスサドル】のコードバン長財布がおすすめ
  • 老舗ブランド!昔ながらのソメスサドルで購入したいという方
  • 防傷加工なし!皮本来の風合いを楽しみたい方
  • ブランド重視!ソメスサドルが好きな方
  • 鞄にいれて使用するので、防水性は関係ないという方
  • シンプルなデザインがお好きな方

 

>>ソメスサドルのコードバン長財布詳細を見てみる

 

こういう方に【ココマイスター】のコードバン長財布がおすすめ
  • 使い込むにつれ変化する経年変化を楽しみたい
  • 耐水性が高いコードバンがほしい
  • 量より質!質の良い財布を長く使っていきたい
  • 保証制度が充実している
  • 安心の革財布一番人気サイトで購入したい
  • 送料込の全額返金ができる安心の通販サイトで購入したい
  • 見た目重視!高級感漂う財布がほしい
  • 彼氏・旦那さんにプレゼントとして購入を考えている方

 

 

 

コードバン長財布!メンズに人気のココマイスターとソメスサドル徹底比較!