このエントリーをはてなブックマークに追加  

ホーウィン対ココマイスター | コードバン長財布比較!

ホーウィン対ココマイスター | コードバン長財布比較!

ココマイスターホーウィンで、人気皮革であるコードバン長財布を徹底比較しました。

 

名門タンナーであるホーウィン社のシェルコードバンはガンゾ、ノイジャパン、二宮五郎商店、ワールドハンドメイド、ワイルドスワンズなどにも卸され販売されています。

 

また、ココマイスターはジャパンメーカーですが、聞いたことないという方もいらっしゃるかと思います。

 

革メーカーとして会社の創業は浅いですが、その道40年〜50年の大ベテランの技術さんを雇い、堅実かつ着実に「質の良い財布を提供する」メーカーとして人気を上げてきているメンズ革製品ブランドです。

 

そんな上記2社を色々な角度から比較しましたので気になった方は参考にして頂ければと思います。

 

ココマイスターとホーウィンのメーカー比較

 

ココマイスター

ホーウィン

写真

ホーウィン対ココマイスター | コードバン長財布比較!

株式会社名 株式会社ルアンジュ Horween Leather Company
コードバンの価格帯 43,000円〜120,000円 5,720円〜194,400円
送料 無料 無料
お届け ご入金確認後2営業日以内 ご注文から3営業日以内
イメージ相違による返品 可能※送料込みの全額返金 不可能
サイトのユーザビリティ わかりやすくて使いやすい 少し見にくい
男女別購入比率 メンズ7割、レディース3割 メンズ9割、レディース1割
独自技術 ロウ加工 植物性タンニンなめし
技術レベル
在庫状況 人気のためかなり品薄 超高額品の為あまり売れないので在庫はある
デザインレベル

 

メーカー比較でわかった違っている点
価格帯の違い

シェルコードバンは数ある革製品の中でも一位二位を争う程の高級品として知れています。

 

具体的な金額で言えば長財布だと上表でも記載したとおり、10万円を超える可能性もあります。

 

一方、ココマイスターも本場イタリアやイギリスから輸入している本格コードバンを使用していますが、金額は3万〜4万円程度と安いとは言えないですが、革の希少価値を考えると非常に良心的な価格であると言えます。

 

加工技術の違い

ココマイスターのコードバンはロウ加工という油を革表面にまんべんなく塗布することで発色の良い光沢深い経年変化耐水性の高さを実現しました。

 

一方ホーウィン社のコードバンは直物性のタンニンなめしという革の風合いを損ねない極めて自然な仕上げを重視する王道の加工技術を採用しています。

 

【ココマイスターVSホーウィン】コードバン長財布を徹底比較

  【ココマイスター】コードバン長財布 【ホーウィン】コードバン長財布
写真

ホーウィン対ココマイスター | コードバン長財布比較!

ラウンドファスナー 54,000円〜120,000円 59,400円
小銭入れあり 45,000円〜67,000円 95,040円
小銭入れなし(札束入れ) 43,000円 57,240円〜82,080円
修理保証 永久無料 有料保証
使用皮革 表側:コードバン

内側:ヌメ革

表側:コードバン

内側:牛革

お札収納 30枚以上 20枚以上
カード収納 14枚 12枚
重さ 115g〜177g 140g〜180g
カラー 黒鹿毛(漆黒)、鹿毛(こげ赤茶) ナチュラル、ブラック、ブラウン、バーガンディ
サイズ 縦:9.5cm 横:19.0cm 厚み:2.0cm 縦:9.5cm 横:19.5cm 厚み:2.0cm
生産国 日本 日本
表面加工 ロウ加工 なし
経年変化の度合い 大きい※表面のロウが使い込むにつれ、革になじみ深みが増していく 大きい
財布耐久度 数10年以上 数10年以上
耐水性

※一部、丸正オンラインストア楽天市場店、ガンゾ(GANNZO)、CHAOS Accessoryの価格を採用しています

 

ココマイスターvsホーウィンの商品比較表からわかった違い
耐水性、耐傷性の違い

ホーウィンのタンニンなめしは自然な風合いを活かす鞣し方で、革本来の自然の風合いを出す効果がある一方で耐水性の低さや耐久性の低さが懸念点として挙げられます。

 

反対にココマイスターの蝋(ロウ)引き加工は、革表面を特殊な油でコーティングすることで、従来のコードバン革にはない耐水性・耐久性の高さを実現しました。

 

また、財布が年々使い込まれていくにつれ、表面を覆っていたロウが程よく革に馴染んでいくことで、どんどんあなた色に染まっていく革の変化(エイジング)も楽しむことができます。

 

アフターサービスの違い

シェルコードバンは海外タンナーであるホーウィン社製の皮革以外使用していないので、革の修理や返品対応などを行ってくれる遠ころはすくないです。

 

一方ココマイスターはそのアフタサービスの高さが人気の秘密なのでは、と思われるくらい充実しています。

 

無料の永年保証サービスに登録するだけで、無料の修理保証や返品保証が付いてきます。

 

こういう方に【ホーウィン】のコードバン長財布がおすすめ
  • 頂点を目指して!最高峰のコードバンが欲しい
  • 防傷加工なし!皮本来の風合いを楽しみたい方
  • ブランド重視!ホーウィン社製・シェルコードバンがイイ
  • 水染めコードバンは好きな人
  • ロウ加工が施されていないシンプルなのがいい

 

>>ホーウィンのコードバン長財布詳細を見てみる

 

こういう方に【ココマイスター】のコードバン長財布がおすすめ
  • 使い込むにつれ変化する革の経年変化を楽しみたい
  • 耐水性が高いコードバンがほしい
  • スーツスタイル・カジュアルスタイルにどちらにも合う財布
  • 保証制度が充実している
  • 安心の革財布一番人気サイトで購入したい
  • 送料込の全額返金ができる安心の通販サイトで購入したい
  • 見た目重視!高級感漂う財布がほしい
  • 彼氏・旦那さんにプレゼントとして購入を考えている方

 

ホーウィン対ココマイスター | コードバン長財布比較!

 

 

ホーウィン対ココマイスター | コードバン長財布比較!